【電気代をグッと節約】電力自由化のメリットを徹底リサーチ

記事一覧

初期投資は高額

バイオガス

費用以外の意義

バイオガス発電は近年注目されている発電方法です。といっても日本での知名度は非常に低く、導入している企業はごく少数です。バイオガス発電は廃棄物を原料として発生させたガスを使って発電する方法です。本来廃棄すべき物を有効活用できるという点、太陽光や風力などの自然エネルギーに比べると好きなタイミングで発電できるという点などの利点から注目されています。ですがバイオガス発電を行うための施設を建てるには高額な費用がかかるというデメリットもあります。バイオガス発電では、ガスを発生させるための発酵漕と廃棄物を保存しておく場所、発電させるための機械などを建設する必要があり、それなりに広い場所と高額な費用がかかります。初期投資は3〜5億円にもなると言われており、短期決算や中期決算での回収は難しいです。中には補助金を出す自治体もありますが、日本では知名度の低さからあまり多くはありません。補助金がないと初期投資自体もまかなえない企業は少なくありません。また、現在は燃料をほとんど海外からの輸入に頼っており、燃料の安定調達という問題もあります。ですが、たとえば家畜の糞尿がでる施設や、食品残渣がでる飲食店、汚泥などがでる建築会社などならば燃料の安定調達は可能です。環境問題の解決や、電気の安定調達という側面からみるとバイオガス発電は今後ののびしろに期待できる発電方法です。今後補助金などの整備がされれば導入する企業は増えてくると予想されます。

Copyright© 2018 【電気代をグッと節約】電力自由化のメリットを徹底リサーチ All Rights Reserved.