そのむくみは下肢静脈瘤かも|足の重みに気付いて早期発見に繋げる

医者

足のむくみが気になったら

病棟

頻繁に足がつったり、とても疲れやすいなどの症状がある場合は、下肢静脈瘤になっている可能性があります。放っておくとドンドン症状が悪化して足の血管がボコボコと浮き出てくるようになりますので、早めに医療機関を受診してみるようにした方がよいです。

詳しくはコチラ

立ち仕事の方は注意

女性

立ち仕事に特有の疾患に下肢静脈瘤があります。下肢の静脈は重力に逆らって心臓に血液を送らなければならず、長い時間重力に逆らうことで浮腫みが重症化し、静脈瘤を発症してしまいます。この浮腫みにはマッサージも効果的ですが、立っている合間に足の運動をすることで筋肉のポンプが活性し、静脈瘤を予防できます。

詳しくはコチラ

他の臓器に影響がある理由

下肢静脈瘤を大阪で治療したいなら、クリニック選びが大切!こちらでは満足度の高い治療を提供するクリニックを五つ紹介しています!

血栓を起こさない方法

医者

下肢静脈瘤の治療は大阪でも行われているのです。足が重だるいときにみたら下肢の静脈が腫れていることがあるのです。大阪の病院で検査をして見つけることが出来ます。この時に注意しないといけないことがあるのです。それは、血栓が出来やすい状態になっているのです。血栓が他の臓器に飛ばないための便利な方法は足をクッションで高くすることなのです。下肢静脈瘤になりやすい仕事は立ち仕事です。この時に立ち仕事を減らすだけで症状が気になら無くなるのです。この時大阪の病院では下肢静脈瘤を手術出来る病院は多いのです。下肢静脈瘤の手術をする目的は血栓予防です。大阪の病院はポイントがあるのです。手術の前後に弾性ストッキングを履くのです。すると血栓が脳などに飛ばなくなるのです。

安静を保ち症状を押さえる

下肢静脈瘤は手術をすれば足の張りや血栓の予防が出来るのです。すると短期間で不快な思いから解放されるのです。下肢静脈瘤の特徴としてあげると血液の流れが悪くなっている状態です。この状態になる理由には思いっきり力を入れる事です。その状態で立位を長時間続けていくと足に血液が溜まるのです。溜まった血液をうえに押し上げる機能が人の血管にはあるのです。しかし長時間同じ姿勢を続けていくと誰でも足に負担がくることになるのです。この状態で血液を押し上げる力が弱くなっていると出来るのが下肢静脈瘤なのです。このことから元に押し上げるポンプの役割は安静にしていると回復してくるものです。そんな時にいきなり起き上がり歩くと血液が急に体をまわりはじめるのです。下肢静脈瘤となるのです。

足に瘤ができていませんか

女性

下肢静脈瘤は生命に関わる病気ではありませんが、長時間に渡って立つことが多い方になりやすい病気です。立っている時にも定期的に足の運動をして静脈の血流を押し上げることで予防できます。下肢静脈瘤は無症状であることが多いのですが、皮膚への障害を起こすことから、医療機関に受診することをお勧めします。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 そのむくみは下肢静脈瘤かも|足の重みに気付いて早期発見に繋げる All Rights Reserved.